お役立ちコラム

聚楽壁(じゅらくへき)とはどんな壁? 聚楽壁の魅力と

伝統的な日本家屋によく使われている聚楽壁(じゅらくへき)。安土桃山時代から始まり、歴史的建造物などに使われてきた和の風情を感じられる土壁ですが、現在では新しく施工するのは大変難しい貴重な土壁です。

今回の記事では、聚楽壁の特徴や魅力、補修方法などを紹介します。

聚楽壁(じゅらくへき)とはどんな壁? 聚楽壁の魅力と

そもそも聚楽壁とは?

聚楽壁(じゅらくへき)とは、土、藁、麻、細かい紙、砂、水などをこねて作られる、伝統的な和風の土壁の一種です。

京都の西陣聚楽第付近で産出される良質な茶褐色の土、聚楽土を使って作られます。

聚楽壁の歴史

聚楽壁の歴史は安土桃山時代に遡ります。豊臣秀吉が京都における自邸として建てた聚楽第(じゅらくてい)で、近隣で採れた聚楽土を使って土壁を作らせたのが始まりと言われています。

聚楽壁とは、本来、聚楽土を使用した土壁のことですが、生産が少ない貴重な土となっているため、現在では聚楽壁と呼ばれていたものに似た土壁を総称して聚楽壁と呼んでいます。

聚楽壁の主な用途

京都の職人が意匠を定めた聚楽壁は、茶室、高級料亭、高級旅館客など、格調の高さが求められる和風建築で多く使用されています。

個人邸でも、伝統的な和風建築の古民家などに昔ながらの聚楽壁が残されていることがあります。

聚楽壁以外の土壁

聚楽壁は伝統的な土壁の一種ですが、聚楽壁以外にもいろいろな土壁があります。ここでは、聚楽壁以外の土壁の種類を一覧にして、簡単に紹介します。

土壁の種類 特徴
珪藻土壁(けいそうどかべ) 藻の一種である珪藻(けいそう)殻が海や湖の底に堆積し、化石となってできた珪藻土を材料にした土壁。調湿性、吸着性、抗菌性に優れている。
大津壁(おおつかべ) 滋賀県の大津で採れる江州白土に、スサと石灰を混ぜて作られる土壁。川や田んぼの土などを使った泥大津、色土を用いた鮮やかな並大津、鏝でしっかりと何度も押さえることで光沢を出した大津磨きの3種類がある。
錆壁(さびかべ) 鉄粉や古い釘などの汁を配合した土壁で、鉄分が錆びて褐色の斑点が浮かび上がるのが特徴。時間の経過とともに変化し、さまざまな表情を見せてくれるのが魅力。

聚楽壁の特徴は? 聚楽壁の魅力を解説

聚楽壁には、どのような特徴があるのでしょうか? 最高級の土壁とも呼ばれる聚楽壁の魅力について解説します。

調湿機能が高い

聚楽壁は自然素材である土を原料としているため、現在の住宅で広く使われているビニールクロスと比較すると、吸放湿性能に優れています。

梅雨や真夏などの湿気が高い時期には土壁が室内の湿気を吸収し、乾燥している時は取り込んだ湿気を放出します。

室内の湿度を一定に保つためカビや結露も発生しにくく、一年を通して快適に過ごせます。

見た目が美しい

聚楽壁の最大の魅力は見た目の美しさでしょう。

聚楽壁は土壁を作る工程の一番最後に塗られる、仕上げの上塗り専用の土壁で、砂の目がきれいに揃う美しい仕上がりが特徴的。

また、聚楽壁の色は自然な土色そのものですが、使われる土やブレンドによって、ベージュ系、グレー系、グリーン系などの様々なカラーバリエーションを楽しめます。

職人の意匠性が感じられる

聚楽壁は、高い技術を持った職人が丹精こめて仕上げる土壁です。少しでも傷やムラが入ると塗り直さないといけないため、高度な技術と芸術的なセンスが問われます。

伝統技術を受け継いだ職人の高い意匠性が感じられるのは、聚楽壁の大きな魅力と言えるでしょう。

聚楽壁を補修する方法

聚楽壁は経年劣化や地震などの災害によって、表面に傷やヒビが入ってしまったり、壁が剥がれてしまったりすることがあります。

聚楽壁が傷んでしまった場合、どのような対処方法があるのでしょうか?

補修だけでも職人が必要

聚楽壁の施工には高い技術を持つ左官職人が必要ですが、補修だけでも職人の技術は欠かせません。

聚楽壁の仕上がりは職人の腕に大きく左右されるため、塗り直しだけでも腕の良い職人に依頼しないと美しい仕上がりは望めないのです。

聚楽壁の補修が必要な場合は、聚楽壁の施工ができる職人に依頼しましょう。

下地から整え直す

壁に大きくヒビが入っていたり、手で触ると土がボロボロと落ちてきたりするような状態の場合は、既存の壁に重ね塗りしても、すぐにまた剥がれ落ちてしまうでしょう。

聚楽壁の下地層から傷んでいる場合は、一度壁を剥がし下地を整えた上で、塗り直す必要があります。

下地の状態が良ければ塗り直しが可能

下地の状態が良好で、表面だけにヒビ割れや変色が見られる程度なら、聚楽土に似た土で塗り直すことが可能です。

ただし、元の部分と全く同じ色合いや風合いで補修することは難しいので、違和感なく補修するためには、傷んでいない部分も含めて全面を塗り直す必要があります。

まとめ

京都の特定の地域でしか採れない貴重な聚楽土で仕上げられた聚楽壁は、土壁の中でも最高級と言われる美しい土壁です。

京都を中心に高級料亭や高級旅館など、伝統的な日本家屋の内装によく使われていましたが、現在では新しく施工することが難しい土壁です。

聚楽壁を施工できる左官職人も減少しており、聚楽壁を補修するのも難しくなっています。

聚楽壁の補修が必要な場合は、伝統的な土壁の美しさを損なわないためにも、腕の良い業者を選ぶことが重要です。

リバネスのオフィス・店舗の総合内装工事についてはこちら