お役立ちコラム

オフィストイレのリフォーム費用はどれくらい?相場と基礎知識を解説

オフィスのトイレは、従業員や来客の利用する重要なスペースです。
しかし、トイレの老朽化や機能の不足など、リフォームを考える場面もあるかもしれません。

本記事では、オフィスのトイレリフォーム費用について詳しく解説します。
さらに、リフォーム時に知っておきたい基礎知識や費用を抑えるコツ、適切な業者選びの方法についても紹介します。

オフィストイレのリフォーム費用はどれくらい?相場と基礎知識を解説

オフィストイレとは

オフィストイレは従業員や来客が利用するためのトイレとして設けられますが、その規模や設備はオフィスの種類や規模によって異なります。

オフィストイレの特徴

オフィストイレの特徴は、清潔で快適な環境を提供することが求められます。
また、トイレの数や配置は、オフィスの従業員数やレイアウトに合わせて適切に設計される場合がほとんどです。

家庭用トイレとの違いは?

家庭用トイレとオフィストイレとの違いは、利用する人数や用途にあります。
オフィスのトイレは、一日中多くの人が利用することが想定されるため、耐久性や衛生面に配慮した設計が求められます。

また、清掃やメンテナンスの頻度も家庭用トイレと比べて高くなる場合があります。

オフィストイレのリフォーム費用相場

オフィストイレのリフォーム費用は、様々な要素によって左右されます。
そのため、自社の建物を所有している場合と賃貸の場合では、費用や制約が異なります。

自社持ちの建物

自社持ちの建物でのリフォームでは、トイレの設備や内装を自由に変更できます。
具体的には、トイレ本体や洗面台の入れ替え、床・壁・天井のリフォームなどが挙げられます。

トイレの配置変更や間取りの変更を行う場合には、排水管工事が必要となります。
そのため、工事の範囲や希望に応じたリフォーム内容を考慮しながら、予算を見極めることが重要です。

賃貸の場合

一方、賃貸の場合は、賃貸契約の面積にトイレが含まれているかどうかを確認する必要があります。
含まれていない場合は、他の企業との共有になっている可能性があるため、リフォームが制限されることがあります。

また、リフォームができたとしても、基本的にはトイレの内装のみにとどまる場合が多く、設備の取り替えなどはビルオーナーとの相談が必要です。

ただし、老朽化や故障が原因でトイレ設備の修繕が必要な場合は、ビル側に要求することができるケースもあります。

一般的な相場

一般的な相場としては、トイレのリフォーム費用が50万円から200万円程度とされています。
ただし、リフォームの内容や規模によって大きく異なるため、具体的な見積もりを取得することが重要です。

オフィスのトイレリフォームでは、設備の取り替えや内装のリニューアルなど、様々な工事内容が考えられます。
そのため、費用の見積もりを行う際には、希望するリフォーム内容や予算に合わせて適切なプランを検討することが必要です。

オフィストイレのリフォーム時における基礎知識

オフィストイレをリフォームする際には、いくつかの基礎知識が必要です。
例えば、トイレの設備や内装だけでなく、排水管工事やビルオーナーとの協議なども考慮する必要があります。

また、リフォーム費用を抑えるためには、適切な業者選びや工事内容の見直しが重要です。

オフィストイレのリフォームを安くするコツ

オフィストイレのリフォーム費用を抑えるためには、いくつかのコツがあります。
たとえば、必要な工事内容を最小限に抑えることや、素材や設備の選定を慎重に行うことが挙げられます。
また、複数の業者から見積もりを取り比べることも効果的です。

以下では、実際の業者選びの方法について解説します。

オフィストイレのリフォームの業者選びの方法

オフィストイレのリフォームを行う際には、信頼できる業者を選ぶことが重要です。
業者選びの際には、実績や評判、提供するサービス内容などを比較検討しましょう。
また、見積もりや契約内容を丁寧に確認することも大切です。

実績と評判の確認

インターネットや口コミサイトなどを活用して、業者の実績や評判を調査しましょう。
過去の施工実績やクライアントの満足度などを確認することで、信頼性の高い業者を見極めることができます。

提供するサービス内容の比較

複数の業者のサービス内容や取り扱い商品を比較検討しましょう。

リフォームに必要な設備や素材の選択肢が豊富かどうか、施工方法や工期についての説明が丁寧かどうかなどをチェックし、自身のニーズに合った業者を選びましょう。

見積もりの取得と比較

複数の業者から見積もりを取得し、料金や工事内容を比較検討します。
ただし、安価な見積もりだけでなく、品質やアフターサービスの充実度なども考慮に入れて選定することが大切です。

契約内容の確認: 契約前には、業者との契約内容を丁寧に確認しましょう。
工事内容や料金、工期、保証内容などが明確に記載されているかを確認し、不明な点や疑問点があれば遠慮せずに質問しましょう。

相談やアフターサポートの提供: リフォーム工事が進行中や完了後も、業者との円滑なコミュニケーションが重要です。
業者が相談に応じてくれる姿勢やアフターサポートの提供が行き届いているかどうかを確認し、安心して依頼できる業者を選びましょう。

オフィストイレのリフォームは専門家に相談

最後に、オフィストイレのリフォームを検討する際には、専門家に相談することをおすすめします。

東京・埼玉・神奈川の関東を中心に総合内装工事、軽鉄工事、各種ボード工事など内装仕上げ工事を行うリバネスでは、トイレの設計や施工に関する知識と経験を持っており、最適な提案やアドバイスをしてくれます。

リバネスのオフィス・店舗の総合内装工事についてはこちら