お役立ちコラム

軽鉄ボード工事とは?やり方と費用を解説

軽鉄ボード工事は、建物の内装工事において重要な役割を果たしています。
この工法は、軽量の鉄骨を使用して部屋の仕切りや天井の柱を立て、建物内部のスペースを効果的に区切るために利用されるものです。
ただ、その軽鉄ボード工事について詳しい人は少ないのではないでしょうか。

本記事では、軽鉄ボード工事の基本的な概要からやり方、費用、そして耐用年数に至るまで、詳細に解説していきます。

軽鉄ボード工事とは?やり方と費用を解説

軽鉄ボード工事とは

軽鉄ボード工事とは、建物の内装工事の一環であり、軽量の鉄骨を使用して部屋の仕切りや天井の柱を立てる工事のことを指します。
この工法は、建物内部のスペースを効果的に区切るために広く利用されています。

軽鉄ボード工事は、建物のレイアウトや用途に応じて柔軟に適用できるため、多目的な利用が可能です。

軽鉄と軽天の違い

軽鉄と軽天は、建築や内装工事における用語であり、呼び方が異なるだけで基本的に同じものを指します。

軽鉄は軽量の鉄骨を指し、建物内部の柱や骨組みに使用されます。
一方、軽天は天井の骨組みに使用される軽量の鉄骨を指します。
両者は建築工事において密接に関連していますが、呼び方の違いがあります。

軽鉄ボード工事のやり方

軽鉄ボード工事のやり方は、まず建物内部の設計図をもとに、鉄骨の配置や寸法を決定します。

次に、必要な鉄骨を加工し、現場で組み立てていきます。
鉄骨が設置されたら、ボードを取り付けて壁や天井を形成し、必要に応じて仕上げ作業を行います。

設計図の確認と鉄骨の配置

まず、建物の内部設計図を確認し、軽鉄ボード工事のための鉄骨の配置や寸法を決定します。
この段階では、各部屋の間仕切りや天井の位置、構造などが考慮されます。

鉄骨の加工と組み立て

次に、必要な鉄骨を加工し、現場で組み立てていきます。
鉄骨は設計に基づいて正確に寸法を取り、適切な位置に取り付けられます。

ボードの取り付け

鉄骨が設置されたら、壁や天井を形成するためにボードを取り付けます。
ボードは鉄骨に固定され、建物内部の仕切りや表面を形成します。
必要に応じて、結露防止や断熱などの目的に合わせた特殊なボードが使用されることもあります。

仕上げ作業

最後に、ボードの取り付けが完了したら、仕上げ作業が行われます。
これには、壁や天井の表面処理、塗装、クロス張りなどが含まれます。
また、建物の用途やデザインに応じて、装飾やフィニッシュ材料の取り付けも行われることがあります。

軽鉄ボード工事の費用

軽鉄ボード工事の費用は、工事の規模や内容、使用する材料などによって大きく異なります。
一般的には、工事の平米単価で費用が算出されます。
具体的な費用を知るためには、以下のポイントを抑えておくことが重要です。

平米単価の相場

軽鉄ボード工事では、天井、壁面、間仕切りなどの部位ごとに異なる平米単価が設定されています。
一般的な相場として、天井の工事では1,200円から1,500円程度、壁面や間仕切りの工事では1,500円から2,100円程度が挙げられます。

工事の内容

費用に影響を与える要因の一つに、工事の内容があります。
例えば、天井のみの工事よりも、壁面や間仕切りを含む複雑な工事の方が費用が高くなる傾向があります。

使用する材料

下地材料やボードの種類、仕上げ材などによっても費用が変動します。
高品質な材料を使用する場合は、その分費用が上がることがあります。

地域や業者による差異

地域や業者によっても費用が異なるため、複数の業者から見積もりを取ることが大切です。
地域の需要や供給のバランス、業者の施工技術や経験などが価格に反映されることがあります。

軽鉄ボード工事の耐用年数はどれくらい?

軽鉄ボード工事に使用される軽量鉄骨の耐用年数は、一般的には19年から34年程度とされています。
これは、建物の内部構造や耐久性を考慮して算出されたものです。
ただし、耐用年数は建物の使用状況やメンテナンスの程度に大きく影響されます。

建物の使用状況が激しい場合や、定期的なメンテナンスが行われない場合は、耐用年数が短くなる場合が多いです。
特に、湿気や水漏れなどの問題がある場合は、鉄骨の劣化が進みやすくなります。

軽鉄ボード工事を知りたいなら専門家へ

軽鉄ボード工事は建築工事の一環であり、専門的な知識や技術が必要です。
工事の内容や費用、耐用年数などについて詳細を知りたい場合は、建築の専門家や施工業者に相談することが重要です。
専門家のアドバイスを受けながら、適切な工事プランを立てることが大切です。

軽鉄ボード工事は、建物の内装工事において不可欠な要素であり、軽量の鉄骨を用いて部屋の仕切りや天井の柱を構築します。
その特徴ややり方、費用、そして耐用年数について理解することで、建物の内装計画やメンテナンスに役立つ情報を得ることができます。

東京・埼玉・神奈川の関東を中心に各種ボード工事など内装仕上げ工事を行うリバネスでは、適切な工事プランを立て、安全で快適な建物の利用を提供することが可能です。

リバネスのオフィス・店舗の総合内装工事についてはこちら