お役立ちコラム

LGS工事の施工方法、要領についてかんたんに解説!

LGS工事は、近年注目されている建築技術の一つです。
“LGS”とは、ライトゲージスタッドの略で、軽量鉄骨下地を指します。

この施工方法は、軽量でありながら強固、また施工性に優れています。
さらに、湿気に強い特性を持ち、内装工事において安定した品質を維持することが特徴です。

本記事では、LGS工事の基本的な知識から施工方法、注意点、メリット・デメリットまでを分かりやすく解説していきます。

LGS工事の施工方法、要領についてかんたんに解説!

LGS工事とは?

LGS工事は、現代建築で広く利用されている施工方法の一つです。
“LGS”はライトゲージスタッドの略であり、軽量鉄骨下地を指します。

この工法は、軽くて強固な鉄骨を使い、建物の構造や内装を支えるために用いられます。
ここでは、LGS工事の概要について詳しく説明していきます。

LGS工事とは

LGS工事とは、Light Gauge Steel(軽量鉄骨)の略称であり、建築物の内装工事において使用される鉄骨の一種です。
厚さ1.6mm〜4.0mm程度の軽量形鋼で構成され、一般的にはC形断面の鉄骨が用いられます。

LGSは、壁や天井の下地材として、建物の内部構造に利用されます。
その特徴は、軽量でありながら強度を持ち、施工性に優れていることです。
湿気の変動による反りや曲がり、割れなどの問題が少ないため、内装工事に適した素材として広く利用されています。

軽鉄・軽天との違い

一般的に、LGS工事と軽鉄・軽天という用語は同義に使われることがありますが、厳密には異なる概念です。
LGSは材料の名称であり、軽量鉄骨を指します。

一方で、軽天はLGSを用いて壁や天井の枠組みを作る工事のことを指します。
つまり、LGSは素材を表し、軽天はその素材を使用して行われる工事の名称です。
ただし、業界や地域によっては、両者を同じ意味で用いることもありますので、注意が必要です。

LGS工事の施工方法、要領について解説

LGS工事の施工方法は比較的シンプルであり、以下の手順に従います。

骨組みの設置

まず、建物の構造に合わせてLGSを切断し、壁や天井の骨組みを組み立てます。
アンカーを使って床や天井に固定します。

施工材の取り付け

骨組みが完成したら、断熱材や配線などの施工材を取り付けます。
この段階で、壁や天井の形状や仕上げに応じて材料を選定します。

仕上げ作業

最後に、石こうボードや壁紙などの仕上げ材を取り付けて、表面を整えます。
必要に応じて塗装やクロス貼りなどの仕上げ作業も行います。

このように、LGS工事は工程が比較的簡単であり、効率的に施工することが可能です。

LGS工事を施工する際の注意点

LGS工事を施工する際には、以下のような注意点があります。

設計と施工の一体化

LGS工事は設計段階から施工を考慮して進める必要があります。
設計と施工の一体化を図り、適切な施工性を確保しましょう。

製品の品質確保

LGS材料の品質は施工の安全性や耐久性に直結します。
信頼性の高いメーカーからの製品を選定し、品質管理を徹底しましょう。

施工技術の習得

LGS工事は専門的な技術が必要です。
施工業者や作業員は、適切な技術習得を行い、安全かつ正確な施工を行うことが重要です。

これらの注意点を遵守することで、安全で品質の高いLGS工事を行えます。

LGS工事のメリット・デメリット

LGS工事のメリット・デメリットはなんでしょうか?解説します。

メリット

LGS工事にはいくつかのメリットがあります。

軽量かつ強固
LGSは軽量ながらも高い強度を持っています。
そのため、建築物の構造を支える上で十分な強度を確保しつつ、建物全体の重量を軽減することができます。

施工性が高い
LGSは加工しやすく、組み立てが比較的簡単です。
そのため、施工工程を迅速に進めることができ、工期の短縮やコストの削減につながります。

湿気に強い
LGSは湿気の変動による反りや曲がり、割れなどの問題が少ない特性を持っています。
そのため、内装工事において安定した品質を保つことができます。

デメリット

一方、LGS工事には以下のようなデメリットも考えられます。

調整の難しさ
LGSは木材のような個別の微調整が難しいという特性があります。
そのため、細かな寸法調整が必要な場合には工程が煩雑になる可能性があります。

火花の発生
LGSは溶接や電ノコを使用する際に火花が発生することがあります。
そのため、施工現場での火災リスクに注意する必要があります。

木造住宅への適用が限られる
LGSは鉄骨構造や鉄筋コンクリート構造の建物において主に使用されます。
一方で、木造住宅への適用は限られるため、リフォームなどには向かない場合があります。

これらのデメリットを考慮しながら、LGS工事の適用可能性を判断することが重要です。

LGS工事の施工方法は専門家に相談しよう

LGS工事は専門的な技術や知識が必要なため、施工を行う際には専門家に相談することが重要です。
適切な施工方法や材料の選定、安全性や耐久性の確保など、専門家のアドバイスを受けることで、安心して工事を進めることができます。

また、施工業者の選定や工事の進捗管理なども専門家に相談することで、より円滑な工事が行えるでしょう。
東京・埼玉・神奈川の関東を中心に総合内装工事、軽鉄工事、各種ボード工事などを行うリバネスでは、LGS工事の施工方法の相談にものっています。

リバネスのオフィス・店舗の総合内装工事についてはこちら