お役立ちコラム

オフィスのスケルトン天井とは?メリット・デメリット・費用を解説

オフィスのデザイン性を高めることは、社員のモチベーションや生産性のアップにつながります。
そして、オフィスをおしゃれにする方法として注目されているのが、スケルトン天井です。

スケルトン天井とは、建物の構造部分がむき出しになった天井のことです。
しかしながら、以下の疑問を抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「スケルトン天井にすることによるデメリットはないの?」
「施工にかかる費用相場はどのくらい?」

そこでこの記事では、スケルトン天井とは何か・スケルトン天井のメリットとデメリット・オフィスをスケルトン天井にする費用について分かりやすく解説します。

オフィスのスケルトン天井とは?メリット・デメリット・費用を解説

スケルトン天井とは?

「スケルトン天井」とは、間仕切りや内装がなく、建物の構造部分のみというレイアウトの天井です。
壁紙が貼られておらず、打ちっぱなしのコンクリートがむき出しになっている状態をイメージすると分かりやすいでしょう。

スケルトン天井は、デザイン性を重視する飲食店や、業務の性質上天井高を必要とする職場(スタジオなど)で数多く採用されており、一般的なオフィスではあまり普及していませんでした。
ところが、最近では高いデザイン性が注目されて、スケルトン天井を採用するオフィスが増えています。

オフィスのスケルトン天井のメリット

斬新なデザインのスケルトン天井ですが、オフィスに採用することでどのようなメリットがあるのでしょうか?
ここでは、スケルトン天井の主なメリットを2点ご紹介します。

開放感がある

スケルトン天井の最大のメリットは、なんといっても開放感があることでしょう。
一般的なオフィスの天井高は2.4m~2.5mほどですが、スケルトンにすることで80cmほど高くなります。
広々とした開放感のある空間になることで、そこで働く社員の心理にも「ストレス軽減」「モチベーション向上」などのよい影響を与え、生産性の向上につながります。

オフィスがおしゃれになる

スケルトン天井は、おしゃれなカフェやレストランなどの飲食店で採用されることが多いですが、オフィスに採用すれば、まるでデザイナーズオフィスのようなおしゃれな空間になります。
天井の内装をなくすことで、よい意味で「オフィス感」がなくなり、クリエイティブで先進的なイメージの空間に仕上がります。

オフィスのスケルトン天井のデメリット

スケルトン天井には、残念ながらデメリットも存在します。
それは以下のようなものです。

空調効率が悪くなる

天井が抜けることで空調効率が悪くなり、冷暖房が効きにくくなります。
オフィスビルの空調は、元々天井ボードを張った状態で空調効率が上がるように設計されているため、スケルトンで室内の体積が大きくなると、空気の対流が弱くなってしまうのです。
こうした状態で冷暖房を効かせようとすると、空調を強めに設定する必要があるため、電気代が余計にかかることにもなります。

室内が暗くなる可能性がある

天井を高くする分、照明から床までの距離が長くなるため、通常の照明だと室内が暗くなる可能性があります。
こうした場合は、「より明るい照明と交換する」「照明の数を増やす」「天井の色を明るいものにする」などの対策を行いましょう。

施工費用が高くなる

天井をスケルトンにする作業が「建物の躯体に関係する工事」と判断される場合は、B工事(物件のオーナーの権限で行う工事)となる可能性があります。
B工事ではオーナーが業者を指定するため、通常より施工費用が高くなることが多いです。

工事前にオーナーに許可を取る必要がある

スケルトン天井にする工事の前には、オフィスビルのオーナーに許可を取る必要があります。
ビルによっては、設備の関係などでスケルトンにする許可を得られない場合があるため注意が必要です。
移転先のビルでスケルトン天井にしたい場合は、物件探しの段階で不動産業者にその旨を伝えておくとよいでしょう。

⑤退去の際には元通りにする工事が必要になる
ビルを退去する際には、天井を元の状態に戻す原状回復工事が必要になります。
天井をスケルトンにするなど借主が造作を加えている場合は、原状回復費用が高くなる傾向があります。

オフィスをスケルトン天井にする費用

オフィスをスケルトン天井にする内装工事の費用相場は、坪単価で20万円~40万円ほどになります。
坪単価が15万円~35万円ほどである居抜き物件の内装工事より割高になります。
内装などを全て撤去した上で、一から空調設備や電気設備などを設置しなければならないため、通常の内装工事よりも手間と時間がかかり費用が高くなるのです。

予算オーバーにならないように、工事費用が総額でどれくらいになるかを早い段階で把握しておきましょう。

まとめ

以上、オフィスのスケルトン天井についてご紹介しました。

オフィスをスケルトン天井にするにはコスト面などで負担がかかりますが、オフィスが開放的でおしゃれになるなどメリットが大きいです。
また、働く社員に対して「ストレス軽減」「モチベーション向上」などの心理的効果を与えて、生産性の向上にもつながります。
従来のオフィスとはまったく異なる、おしゃれでクリエイティブな空間を演出するには、非常に魅力的な選択肢といえるでしょう。

オフィスのスケルトン工事で失敗を避けるには、信頼できる業者に施工を依頼することが大切です。

「株式会社リバネス」は東京・埼玉・神奈川の関東を中心に、内装仕上げ工事を行っております。
年間の施工実績600件以上という豊富な経験で培われた高い技術力で、質の高いサービスをご提供いたします。
工事規模の大小にかかわらず、いつでもどこでも駆けつけます!
もし内装でお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひご相談ください。

リバネスのオフィス・店舗の総合内装工事についてはこちら